​News

Techno-Ocean 2020を開催いたします!

「Techno-Ocean 2020」を行います。

テーマ:~海で会いましょう~ ーMeet at Ocean-

会 期:2020年10月1日(木)~3日(土)

会 場:神戸国際展示場2号館(ポートライナー「市民広場」駅から徒歩数分)

    神戸国際展示場2号館:(有料)基調講演、【特別企画】パネルセッション

                (無料)オーガナイズドセッション、展示会、出展者

                    プレゼンテーション

    スポーツセンター    : (無料)水中ロボット競技会

主 催:Techno-Ocean Network

​★Techno-Ocean 2020特設ページはこちらをご覧ください。

第9回TONセミナーを開催いたしました!

将来の成長が期待される海洋産業に、今後の参入をお考えいただける機会となるよう、

海洋産業の現状と課題や今後、中小企業に期待される役割等に関する講演を行う

​第9回TONセミナーを開催しました。

日時:令和元年11月18日(月)15:30~19:00

場所:神戸市産業振興センター 10階 レセプションルーム

   (神戸市中央区東川崎町1-8-4)

定員:50名

費用:無料(ただし、第3部交流会参加者は1,000円)

内容:

第1部 講演:『潜水作業と和が国における潜水業界の現状』

     講師:橋本 昭夫 氏(一般社団法人 日本潜水協会 技術顧問)

第2部 神戸地域の企業による開発事例紹介

     講演:『地元企業の海洋開発事業への挑戦』

     発表者:宮本 一之 氏(日本海工株式会社 事業開発部長)

第3部 交流会

 

講演の詳細についてはこちらをご覧ください。

多くの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

令和元年度テクノオーシャンユースを開催しました。

青少年を対象に海洋に関する興味・関心を育むきっかけを提供する

令和元年度テクノオーシャンユースを実施いたしました。

日 時:令和元年9月28日(土)10:30~15:00

​場 所:バンドー神戸青少年科学館 4F実験室

内 容:「作って学ぶ、地球環境と海の生態系」

     講師:有馬正和 氏

         (大阪府立大学・大学院工学研究科・海洋システム工学分野教授)

【水の中でかつやくする「ロボット」しっとぉ?】「水中ロボット」を紹介するイベントを開催しました!!

7月25日(木)神戸市立須磨海浜水族園にて小学生を対象とした「水中ロボット」を紹介するイベントを開催しました。
特別講師として、水中ロボット研究開発の世界的第一人者である東京大学名誉教授の浦 環 博士(テクノオーシャン・ネットワーク理事長)をお招きし楽しいロボットのお話しと、東京大学生産技術研究所 巻研究室に協力を得て操作実演を行いました。操作実演では神戸市立須磨海浜水族園「波の大水槽」で水中ロボットが生き物の迫力ある映像を撮影し、水槽前の大きなスクリーンで放映し普段は見ることのできない角度から海の生き物の映像をお届けすることができました。普段、目にすることのできない「水中ロボット」の操作体験などもあり、一般の方々へ水中ロボットを通して海洋への理解を深めていただき、興味を持っていただくことができました。

第8回TONセミナーを開催いたしました。

将来の成長が期待される海洋産業に、今後の参入をお考えいただける機会を提供する

第8回TONセミナー&第4回神戸海洋産業セミナーを実施いたしました。

日 時:令和元年7月2日(火)15:30~19:00

​場 所:神戸市産業振興センター 10階レセプションルーム

内 容:

第1部     講演

   『メタンハイドレート研究の歩みと現状』

   講師:山本 晃司 氏 

 (独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)

  メタンハイドレート研究開発グループグループリーダー)

第2部 地元企業による開発事例紹介

  古野電気株式会社 『漁業を支援する魚群探知技術』

     発表者:西森 靖 氏 

 (古野電気株式会社 取締役・技術研究所長)

OCEANS'18 MTS/IEEE Kobe / Techno-Ocean 2018開催結果

OCEANS’18 MTS / IEEE Kobe / Techno-Ocean2018 は、5月28日(月)~31日(木)に

神戸コンベンションセンターにて、OCEANS史上過去最多となるアブストラクト投稿数、

過去最大規模の出展者数で盛会裡に開催いたしました。

たくさんのご参加ありがとうございました。   

詳しい開催結果についてはこちらをご覧ください。

​★OTO'18特設ページはこちらをご覧ください。

★OTO'18ホームページ(英語のみ)はこちらをご覧ください。

Please reload

Techno-Ocean 2016の様子