arrow&v

第75号 -July 2020

Contents



●月が導く深海の流れ-地球を巡る深層海洋循環の謎への挑戦-
 東京大学 大学院理学系研究科 教授 日比谷 紀之



●ROV・AUVによる湖底遺跡調査

 立命館大学 教授 熊谷 道夫・教授 矢野 健一

 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所

 海洋先端技術系水中ロボティクス研究グループ グループ長 篠野 雅彦

第74号 -April 2020

Contents



●伊豆諸島式根島周辺海域のCO2噴出域における海洋酸性化研究
 筑波大学下田臨海実験センター 助教 和田 茂樹



●「Techno-Ocean 2020」開催について

 Techno-Ocean 2020 実行委員会 実行委員長 飯島 一博



●「Techno-Ocean 2020」開催概要

第73号 -January 2020

Contents



●HATTORI ~低コストだが使えるAUVを目指して~
 東京大学生産技術研究所 准教授 巻 俊宏


●地元企業の海洋開発事業への挑戦
 ~海洋技術の先端都市「KOBE」の実現に向けて~
 日本海工株式会社 事業開発部長 宮本 一之



​●Techno-Ocean 2020 展示会出展者募集のご案内

第72号 -October 2019

Contents



●第3回ふね遺産の認定について
  関西設計株式会社 顧問

  日本船舶海洋工学会 ふね遺産認定実行委員会 委員長 小嶋 良一



●深海の環境影響を評価するための乱流観測

  国立研究開発法人海洋研究開発機構 地球環境部門

  海洋生物環境影響研究センター 海洋環境影響評価研究グループ

  グループリーダー代理 古島 靖夫

第71号 -July 2019

Contents



●G20を終えて~海洋マイクロプラスチックについて
  九州大学応用力学研究所 教授 磯部 篤彦



●水中音響機器の開発と将来展望

  株式会社アクアサウンド 代表取締役会長

​  東京海洋大学客員研究員 水産学博士 笹倉 豊喜

第70号 -April 2019

Contents



●長崎県五島市の漁業と水素エネルギープロジェクト
  国立研究開発法人 水産研究・教育機構 理事長 宮原 正典


●Team KUROSHIO 「Shell Ocean Discovery XPRIZE」の軌跡

  Team KUROSHIO



●海と産業革新コンベンション(うみコン2019)開催報告

  海と産業革新コンベンション実行委員会


●新会員紹介・株式会社三ツ星 ~海洋関連事業への挑戦~

  株式会社三ツ星 電線事業部 技術部長 礒嶋 良人

第69号 -February 2019

Contents



●科学ベースの水産資源管理へ~漁業法改正のポイント~
  みなと新聞 記者 太田 毅人


●海洋深層水利用学会日台韓交流協定の締結について

  海洋深層水利用学会副会長、大阪府立大学教授 大塚 耕司



●物流・港湾管理の今後の見通し

 ~アジア物流フォーラムの講演から~

  神戸市みなと総局みなと復興部復興課


●経団連海洋開発推進委員会第2回特別会合にて

 Oceans2018 視察団報告

​  テクノオーシャン・ネットワーク事務局

第68号 -December 2018

Contents



●SIP第2期 革新的深海資源調査技術について
  内閣府戦略的イノベーション創造プログラム

  革新的深海資源調査技術 プログラムディレクター 石井 正一


●水中ドローンと呼ばれる時代になって

  東京海洋大学学術研究院 教授 近藤 逸人



●水産業とICT

  公立はこだて未来大学 マリンIT・ラボ所長 秋田 雅昭


●テクノオーシャン・ユース開催報告

第67号 -August 2018

Contents



●第3 期海洋基本計画について
  内閣府総合海洋政策推進事務局


●水中協働ロボットへの期待−水中ドローンの最新トピックと当社の水中音響装置開発のご紹介−

  株式会社SIX VOICE 代表取締役 土生 修平



●2018 年テクノオーシャン・ネットワーク表彰


●経団連海洋開発推進委員会が産学官関係者の連携強化に向け特別会合を開催
  一般社団法人 日本経済団体連合会産業技術本部



●OCEANS’18 MTS/IEEE Kobe /Techno-Ocean 2018開催報告

第66号 -March 2018-

Contents



●OCEANS’18 MTS/IEEE Kobe / Techno-Ocean 2018 (OTO’18) 開催に向けて
  OCEANS ’18 MTS/IEEE Kobe / Techno-Ocean 2018 (OTO’18) 実行委員会 実行委員長 浅田 昭/大塚 耕司


●OCEANS’18 MTS/IEEE Kobe / Techno-Ocean 2018 (OTO’18) 開催概要



●資源評価の現状と資源評価の方向性
  水産庁漁場資源課


●世界で初めて海底熱水鉱床の連続揚鉱に成功しました-沖縄近海で海底熱水鉱床の採鉱・揚鉱パイロット試験を実施-
  独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 金属資源技術部

第65号 - November 2017

Contents



●伊号第五十八潜水艦の発見

テクノオーシャン・ネットワーク 理事長 /  一般財団法人ラ・プロンジェ深海工学会 代表理事 / 
 九州工業大学社会ロボット具現化センター長 特別教授  浦 環



●世界初の海流発電実海域発電実証試験に成功 ~黒潮を利用した新しい海洋再生可能エネルギー技術の実現に向けて~
 株式会社IHI 技術開発本部 長屋 茂樹



●’17 水中ロボットコンベンション in JAMSTEC~海と日本プロジェクト~ 報告
 水中ロボコン in JAMSTEC ’17 実行委員会 委員長 清水 悦郎



●OCEANS’17 MTS/IEEE Anchorage 報告
 OTO’18 実行委員会 実行委員長 大塚 耕司



●アルゴフロート用溶存酸素センサー RINKO® FT
 JFE アドバンテック株式会社 海洋・河川事業部 技術部長 加藤 宏晴

第64号-August 2017

Contents



● 海底探査技術の国際コンペティション“Shell Ocean Discovery XPRIZE”への挑戦
〜共同研究チーム“Team KUROSHIO”の始動〜 Team KUROSHIO 大久保 隆(JAMSTEC)



●東京海洋大学海洋資源環境学部の開設について
 東京海洋大学海洋資源環境学部長 岡安 章夫



●多世代共創による魚庭(なにわ)の海再生の試み
 大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科 教授 大塚 耕司



●無人水上艇 いろいろ ~海洋ロボットが拓く新しい海洋調査の時代~
 株式会社東陽テクニカ 海洋計測部

第63号 - April 2017

Contents



●神戸開港150 年について  神戸開港150年記念事業実行委員会


●神戸開港150年記念事業  神戸開港150年記念事業実行委員会



●漁業現場でドローン活用へ -ドローンを利用した高効率魚群探索システムの開発について-

 高効率漁場探索システムの開発共同実施機関 代表機関 一般社団法人海洋水産システム協会

 研究開発部長 酒井拓宏



●塩および製塩の研究とその応用 -海水総合研究所の取組み-

 公益財団法人塩事業センター海水総合研究所

第62号 - January 2017

Contents 


●漁業就業者の若返り 水産庁企画課



●海洋鉱物資源開発における 海洋生態系変動予測手法とその国際標準化 

 横浜国立大学 統合的海洋教育・研究センター 吉田公一



●2016年テクノオーシャン・ネットワーク表彰 



●Techno-Ocean 2016 開催報告

第61号 - September 2016

Contents


●主催者挨拶
テクノオーシャン・ネットワーク   会長 山内隆司
Techno-Ocean2016実行委員会 委員長 大塚耕司


●概要・基調講演・テクニカルセッション


●スケジュール


●展示会


●展示会特別企画・船の一般公開


●学生ポスターコンペティション・水中ロボット競技会


●一般向け公開講座/新発見!
海のせかい教室・海のハガキ絵展
し、「リストを管理」を選択して新しい記事の追加や編集を行ってください。リストの記事はいつでも編集できます。

第60号 - June 2016

Contents


●Techno-Ocean2016開催に向けて
Techno-Ocean2016実行委員会 委員長 大塚耕司


●OCEANS'16MTS/IEEE Shanghai報告
東京大学生産技術研究所 海中観測実装工学研究センター 特任研究員 杉松治美


●Techno-Ocean2016基調講演について


●海洋調査船「なつしま」「かいよう」の退役
立研究開発法人海洋研究開発機構 海洋工学センター運航管理部 大澤弘敬


●ダム調査船ロボットシステムと水中壁面調査技術の開発
株式会社キュー・アイ 技術開発部 豊島雅樹


●リアルタイム3Dソナー ~Coda Octopus社Echoscope~
マリメックス・ジャパン株式会社

第59号 - February 2016

Contents



●「太平洋クロマグロの持続的利用」は不可能なのか?〜一向に進まぬ資源管理〜
Pew Marine Conservation Fellow(横浜国立大学教授) 松田裕之



●「ラストリゾート、海」の時代、日本の使命的な役割
NPO 宇宙利用を推進する会 技術調査部長 木内英一



●神戸大学海洋底探査センター〜海底巨大カルデラ火山の全容解明を目指して〜
神戸大学海洋底探査センター センター長 巽好幸



●海底送水用 波付鋼管がい装ポリエチレン管 WNG〜腐食知らずの長尺(一本物)のポリエチレン製複合パイプが本土と離島をつなぎます〜
三井金属エンジニアリング㈱パイプ・素材事業部